後悔しない家づくり!注文住宅の悩みを無料相談→CLICK!!

アクセントクロスの採用場所と採用基準について

アクセントクロスは、部屋の一面だけ壁紙を変えて、部屋の雰囲気を変えることができます。

注文住宅なら、自分の好きな場所にアクセントクロスを採用できると思います。

ただ、どんな場所に採用しようか悩む方がいるかもしれません。

フィーリングで採用するのもアリですが、住んでみたら予想していたのと違ったということが起きるかもしれません。

そこで、この記事では、我が家のアクセントクロスの採用場所と、採用基準についてご紹介いたします。

アクセントクロスを採用するときの参考になれば幸いです。

目次

アクセントクロスの採用基準について

我が家も、せっかくなら採用しようということで、アクセントクロスを採用しました。

ただ、闇雲に決めたのではなく、自分たちで「ある基準(ルール)」を決めて、その上で採用場所を決めました。

その基準とは、

「今後、家具などの配置が変わらない部屋のみ、アクセントクロスを採用する」

です。


いきなり言われても「?」なので、ご説明します。

繰り返しですが、アクセントクロスは、部屋の一面だけ違う壁紙になるので、部屋の雰囲気が大きく変わります。

また、部屋の雰囲気は、家具の配置によっても変わります。

つまり、アクセントクロスの場所と家具の配置によって、部屋の雰囲気が決まります。

アクセントクロスの場所は変えられませんが、家具の配置は変えられます。

家族が増えたり、生活習慣が変わって、家具の配置を変えたとき、アクセントクロスと家具の配置に違和感が出るかもしれません。

我が家は、この違和感をおそれて、上記の基準を設けました。

そして、今後も家具の配置が変わらないだろうと思う場所に、アクセントクロスを採用しました。

例えば、我が家のテレビはテレビボードに置いているので、今後、テレビの配置場所が変わるかもしれません。

テレビの後ろのアクセントクロスはとてもオシャレですが、我が家は採用しませんでした。

仮に、壁掛けのテレビだったら、今後もテレビの配置が変わる可能性はとても低いので、テレビの後ろにアクセントクロスを採用していたと思います。

アクセントクロスの採用場所について

我が家のアクセントクロスの採用場所は、主寝室、書斎、サンルームの3箇所です。

どれも、今後、家具などの配置が変わらない部屋で採用しました。

ちなみに、我が家の壁紙は、アクセントクロスを除けば全て白色です。

主寝室

主寝室は、シングルベッドを2つ置いています。そして、ベッドの頭側に濃い青色のアクセントクロスを採用しました。

ちなみに、主寝室にはテレビも置いています。

ベランダの場所、テレビの配置から、ベッドの移動の可能性は低いので、アクセントクロスを採用しました。

(ベッドの移動がそもそも面倒なこともあります)

書斎

書斎は、備え付けの机と机を採用しました。アクセントクロスは机側の壁紙で、こげ茶色です。

備え付けの机と棚なので配置が変わることはなく、アクセントクロスを採用しました。

サンルーム

サンルームは向かいの壁紙に、黄緑色のアクセントクロスを採用しました。

他の2部屋は落ち着いた色ですが、明るい色も採用したいと思い、失敗しても人目に触れる機会のないサンルームに採用しました。

(我が家はビビリで、冒険はできませんでした)

サンルームにはそもそも物干し竿だけなので、家具の配置等の問題もありませんでした。

アクセントクロスの採用を取りやめた子供部屋について

最終的にアクセントクロスを採用した場所は3箇所ですが、当初は子供部屋にも採用予定でした。

色は、サンルームに採用した黄緑色が候補でした。

子供部屋での採用を取りやめた理由は、家具の配置がそもそも決まっていないことと、子供の性格や成長によって、壁紙の色や柄に不満が出るかもしれないと考えたからです。

考え過ぎかもしれませんし、壁紙くらいなら建てた後からでも貼り替えはできます。

ただ、貼り替えるにしてもお金と時間がかかるため、気になるなら最初から採用しない方がいいと判断しました。

建てた後でもアクセントクロスを貼れる

アクセントクロスは、家を建ててからでも採用できます。

手先が器用なら、自分で貼り替えることもできるでしょう。

(僕は不器用なので、全く自信がありません…)

自分で出来れば、かなり安くできると思います。

アクセントクロスは壁一面なので、金額もそこまで高くないと思いますので、業者(専門家)に依頼するのもいいでしょう。

業者に依頼するなら、まずは見積もりを取ってみましょう。

まとめ

以上、我が家のアクセントクロスの採用場所と採用基準でした。

今後、家具などの配置が変わらない部屋(主寝室、書斎、サンルーム)のみでアクセントクロスを採用しました。

注文住宅なら、自分の好きな場所に好きなアクセントクロスを採用できます。

折角なら採用したいですよね。

そのときの採用基準の考えの1つになれば幸いです。

なお、アクセントクロスは家を建ててからでも採用できます。

自分で貼ることもできますし、そうでなくても業者に依頼すれば貼れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる