家のカーテンを安く購入する方法をご紹介

新しい家に引越すと、前の家で使っていたカーテンが使えなくなり、カーテンを新しくしないといけないことがあります。

また、引越しを機に、心機一転、カーテンを新調する人もいると思います。

特に、新築の家に引越す場合は、カーテンを新調する人が多いと思います。

カーテンは、ブランド品やこだわりによって何十万にもなりえます。

そうでなくても、家全体のカーテンを購入すると、20~30万円はかかってしまいます。

なお、カーテンの相場として、4LDKの一戸建ての家で、窓が10か所以上ある場合、全て新調すると30万円以上かかるようです。

ちなみに、我が家も引越しに伴いカーテンを全て新調しました。

ただ、相場よりも相当安く購入できたので、その経験をご紹介いたします。



引越しで、相見積もりを取って安く抑えたい人におすすめです(↓)。

最大6万円のお祝い金も。

目次

我が家のカーテン代について

我が家のカーテンの設置個所は、計11か所でした。

通常のカーテンが8か所、ロールカーテンが3か所です。

窓のサイズは、別記事に挙げた間取りをご覧ください。

 

https://rikei-businessman.com/floor_plan/


カーテン代の総額は、施工費含めて「税込96107円」でした。

相場(30万円)の約1/3ほどの金額です。


家の購入そのもので「〇千万円」とかかり、その後の引越しやら家具の購入でさらにお金がかかり、少しでも抑えたいと思うことでしょう。

我が家も極力お金をかけたくなかったので、カーテンを安く買えたのはありがたかったです。

カーテンの購入先について

見積もりに社名が書いてあるので既にわかっていると思いますが、我が家は「アート引越しセンター」でカーテンを購入しました。

「引越し業者でカーテンを購入???」と、意外に思われた方も多いと思います。

アート引越しセンターはインテリア部門もあり、カーテンも取り扱っています。

アート引越しセンターのカーテンは、引越しを利用していなくても購入できます。

ちなみに、我が家は引越しもアート引越しセンターにお願いをして、その伝手でカーテンも依頼しました。

(余談ですが、アート引越しセンターは丁寧な分、引越し代は高くなります)


アート引越しセンターのカーテンを知る前は、ニトリやカーテンじゅうたん王国など、誰もが知っているところでカーテンを購入しようと考えていました。

詳しい金額は憶えていませんが、ニトリなどで、それなりに良いものを購入しようとすると20~30万円ほどでした。

ニトリなどでも安いものはありますが、正直「しょぼい」カーテンしかありません。

ですが、アート引越しセンターでは、ニトリなどの20~30万円相当のカーテンを10万円で購入できました。

ちなみに、ハウスメーカーでもカーテンを購入できますが、ハウスメーカーを挟む分、金額はかなり高くなります。

別途、業者と打合せをする必要がないので手間は省けますが、金額面を考えると、ハウスメーカーでカーテンを買うことはおすすめしません。


>>>アート引越しセンターのカーテンはこちらから

実際に購入したアート引越しセンターのカーテンをご紹介

我が家の壁紙は白なので、リビングのカーテンも白に近い色にしました。

カーテンとレースには花柄の模様が入っており、レースはミラーレスになっており、外から中が見えにくくなっています。

子供部屋のカーテンは、男女どちらでも違和感のない黄色にしました。

書斎は、模様なしのグレーのカーテンです。

アクセントクロスのこげ茶色の壁紙、白の壁紙とも違和感なく馴染んでいます。

主寝室のアクセントクロス側の窓には、白のロールカーテンを採用しました。

階段、ダイニング、洗濯機置き場にある窓には、少し冒険して黄色のロールカーテンを採用しました。

壁紙が白なので、黄色でも違和感は全くありませんでした。

カーテンの打合せから取り付けまでの段取りについて

ここでは、アート引越しセンターとの打合せから取り付けまでの段取りをご説明いたします。

そもそも、ハウスメーカーとは別にやり取りをしなければなりませんので、手間はかかります。


①打合せ日の調整について

我が家は、引越しの申し込みと同時に、カーテンの仕様を決める打合せ日も決めました。

また、業者がカーテンの寸法を確認する必要もあるので、新築の家で寸法確認する日にちも決めました

寸法確認は家の引き渡し前にすると思うので、引き渡し前でも家に入れる日にちを確認しましょう。

例えば、ハウスメーカーの担当者立ち合いのもとでないと家に入れない場合は、ハウスメーカーと引越し業者の両方と日程調整をしましょう。


②打合せについて

我が家は、カーテンの仕様についての打合せと寸法確認を同日にやりました。

ちなみに、仕様も1日で決めました。

仕様(色や柄)については、打合せのときに初めていろいろなサンプルを見れるので、何回か打合せが必要かもしれません。

カタログの貸出しもやっているので、打合せ前に取り寄せて確認しておくと、打合せもスムーズに進むと思います。


③取り付けについて

我が家は、引越しと同日にカーテンの取り付けも行っていただきました。

ちなみに、カーテンの取り付けは、アートとは別の業者のようでした(直接聞いてはいないので推測です)。

家具を搬入し始めて、半分くらい進んでからカーテンの取り付けも始まりました。

別の会社同士が1つの家の中で作業するので、混乱するかと思いきや、家具の搬入もカーテンの取り付けもスムーズに進みました。

カーテンのこだわりについて

アート引越しセンターのカーテンは、良く言えばシンプル悪く言えば地味なものです。

我が家は、カーテンへのこだわりが特になかったので、金額を重視しました。

アート引越しセンターのカーテンは、金額を重視したい人にはおすすめしたいと思います。

カーテンにこだわりのある人には、正直、アート引越しセンターのカーテンはおすすめできません。


いろいろなメーカー品を幅広く見たい人、こだわりのカーテンを採用したい人は、こちらがおすすめです。

出張採寸を無料でしてもらえます(全国で対応)。

まとめ

以上、我が家がカーテンを安く購入した件についてのご紹介でした。

カーテンの相場として、4LDKの一戸建ての家で、窓が10か所以上ある場合、全て新調すると30万円以上かかるようです。

我が家は、アート引越しセンターでカーテンを購入し、施工費含めて「税込96107円」でした。

カーテン代を抑えたい人には、アート引越しセンターはかなりおすすめです。

一方で、新築への引越しを機に、こだわったカーテンを採用するのもアリです。

カーテンについて参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


アート引越しセンターのカーテンについて
>>>アート引越しセンターのカーテンはこちらから

こだわりのカーテンについて
>>>こだわりのカーテンについてはこちらから(無料の出張採寸できます)


引越しの相見積もりについて
>>>引越し代を抑えたい人はこちらから

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる