外構工事の相見積もりを依頼!~セキスイハイムと専門業者~

当記事はこんな人におすすめ
  • 外構工事の相見積もりを取った人の経験を聞きたい
  • ハウスメーカーと専門業者の外構工事の費用を知りたい

我が家はセキスイハイムで建てて、外構もセキスイハイムで作りました。

ただ、予算の関係から、外構工事を全てできませんでした。

現在でも、土が野ざらしのところがあります。

我が家の外構については、こちらの記事をご覧ください。

>>>外構工事の7つの費用削減方法!~ハウスメーカーに頼まないこと~

今回、未工事部分を追加で工事するため、セキスイハイムと外構の専門業者の計2社に見積もりを依頼しました。

工事内容は土間コンクリートを敷くことです。

なお、外構の専門業者への依頼は、タウンライフリフォームを使いました(僕自身、今回初めて使いました)。

当初の予想と違いましたが、結果的に相見積もりを取ってよかったと感じています。

タウンライフリフォーム経由で見つけた外構業者がかなりおすすめなので、後半はその業者について紹介いたします。

これから外構工事をする方は、参考にしていただければと思います。

目次

見積もりの結果

セキスイハイムと専門業者のそれぞれに同じ依頼をして、受け取った見積もり金額は以下のとおりです。

セキスイハイム:約20万円(税込)

専門業者:約65万円(税込)

まさかのセキスイハイムの方が45万円も安くて、驚きました。

一般的には、ハウスメーカーよりも専門業者に依頼した方が安くなるので、今回の結果は意外でした。

見積もりの結果、今回の土間コンクリートの工事は、セキスイハイムに依頼することにしました。

相見積もりをして感じたこと

相見積もりの結果、セキスイハイムに依頼することになりましたが、今回の件で相見積もりの重要性を改めて実感しております。

どちらか一方のみに依頼していたら、次のようなことが起きていました。

<セキスイハイムのみに依頼した場合>
 セキスイハイムが提示した金額の妥当性がわからなかった。

<専門業者のみに依頼した場合>
 約45万円損していた。

今回は土間コンクリートのみでしたが、外構全体の工事費用となると100万円以上変わる可能性は十分あります。

また、そのときは専門業者からの見積もりの方が安いかもしれません。

金額の妥当性を知るため、損しないためにも複数の業者に見積もりをしましょう。

タウンライフリフォームでの見積もり依頼できたのは1社のみ

我が家の地域の関係から、見積もり依頼できた業者は1社のみでした。

今回は依頼しませんでしたが、この「エクスショップ」についていろいろ調べると、かなりおすすめの業者だったのでご紹介いたします。

ちなみに、僕はタウンライフリフォームを使うまで「エクスショップ」について知りませんでした。

外構業者「エクスショップ」について

引用元:エクスショップのHP

企業情報は以下のとおりです。

社名株式会社エクスショップ
本社兵庫県神戸市
事業内容インターネットを利用した大型受託設備機器等の販売
インターネットを介したエクステリア外構工事等の全国展開
事業開始日2000年4月
資本金連結:9900万円
従業員 連結:185名(2019年1月)
主な取引先株式会社LIXIL、YKK AP株式会社など
引用元:エクスショップのHP

インターネットを使っているので、全国展開ができるようです。

取り扱っている商品も多く、カーポート、サイクルポート、伸縮ゲート、ウッドデッキ、バルコニー、立水栓、門柱・表札などです。

良い面悪い面含めて、エクスショップの特徴を記載いたします。

・メーカーから直接仕入れているため、LIXILやYKK APなどの商品が安い
・連絡のやり取りがスムーズ(営業が強い)
・施工開始まではお金がかからない
・商品は2年保証、工事は10年保証あり

・プランニングは弱い

・エクスショップは営業のみで、実際の施工は提携業者が行う

「エクスショップ」のサイトを見ましたが、カーポートやサイクルポートなど、とにかく安いです。

例えば、2台用のカーポート(YKK AP社製)を「エクスショップ」で購入した場合、工事費含めて約20万円のようです(2021年4月)。

引用元:エクスショップのHP(2021年4月)

一方、我が家がセキスイハイムで購入した2台用のカーポートは、工事費含めて約65万円でした。

あくまで一例ですが、約45万円の差です。

カーポート、サイクルポート、倉庫などは、建築基準法では建物扱いであり、建ぺい率に基づいて設置されなければなりません。
建ぺい率については、住宅メーカーに確認することをおすすめします。

一方で、「エクスショップ」のプランニングにはあまり期待できないようです。

「〇〇を付けたい」などの要望に対しての対応は弱く、良い評判は少なかったです。

「どこに何を設置するか具体的に決めている」場合には、しっかりと対応してくれるようです。

「エクスショップ」はオンラインサービスのため、タウンライフリフォームを利用する人は、依頼先に含まれる可能性は高いです。

大手メーカーの商品を安く買える点は、とても大きなメリットなので、「エクスショップ」は施工依頼先の候補として入れるべきだと思います。

エクスショップを利用した人の口コミ、評判

実際にエクスショップを利用した人の口コミを紹介いたします。

実際に利用された方の評判は良いですね。

タウンライフリフォームで見積もり依頼をした感想

タウンライフリフォームを使ってみた感想(メリット、デメリット)は以下のとおりです。

・一度の手間で、複数の業者に依頼できる(我が家は1社のみでしたが)
・外構業者を探す手間が省ける
・見積もり依頼後、すぐに連絡が来た(これは業者による)

・住んでいる地域によって、依頼できる業者の数が極端に少ない
・依頼できる業者が少ないと、相見積もりを取るのが大変

以上のことをまとめると次のとおりです。

タウンライフリフォームは、外構業者を探す1つの手段にすぎない」

もちろん、住んでいる地域によっては、3社や4社の業者に一括で依頼できるので、その場合はタウンライフリフォームのみで相見積もりを取れます。

我が家のように1社のみだと、相見積もりを取るためには別に業者に依頼しなければなりません。

一方で、タウンライフリフォームを使ったことで、自分が知らなかった、調べようともしなかった業者を知れたことは非常に大きなメリットでした。

我が家は、外構の専門業者というと地元の店舗を構えている業者をイメージしており、「エクスショップ」のようなインターネット上でサービスを行っている業者を知りませんでした。

思いもよらなかった業者を知れてよかったです。今後、外構について検討することがあれば、必ずエクスショップを候補に入れると思います。

(注意点)外構業者の得意不得意を見分ける

外構業者は、業者ごとで得意不得意が違います。

(例)エクスショップ

〇:価格が安い
×:プランニングが弱い

「プランニングが欲しい」という人にとっては、「エクスショップ」は適さない可能性があります。

自分自身の希望と業者の特徴を把握しておくと、後々不満に感じることも少なくなります。

最後に

今回、土間コンクリートの見積もりをセキスイハイムと専門業者(エクスショップ)それぞれに依頼し、結果的にセキスイハイムに依頼することにしました(金額は以下のとおり)。

セキスイハイム:約20万円(税込)

専門業者:約65万円(税込)

結果的にセキスイハイムの方が安かったですが、どちらか一方のみに依頼していたら、それはそれで損をしていました(具体的には以下のとおり)。

<セキスイハイムのみに依頼した場合>
 セキスイハイムが提示した金額の妥当性がわからなかった。

<専門業者のみに依頼した場合>
 約45万円損していた。

専門業者を自分で探すのも手ですが、タウンライフリフォームを使えば簡単に探せて依頼もできます。

「エクスショップ」が候補先に含まれる可能性が高く、「エクスショップ」とプラス数社の業者が候補に出てくれば、見積もり依頼先の数として充分です。

これから外構工事をする人は、「とりあえず」タウンライフリフォームを使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

外構について、その他の記事もご参考ください。

>>>外構工事の7つの費用削減方法!~ハウスメーカーに頼まないこと~

>>>DIYで外構をすることについて~我が家は人工芝とレンガを敷きました~

>>>家の外構工事を専門業者に依頼するときの6つの注意点

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる