レンジフードにあるシロッコファンの洗い方と注意点について

レンジフードに付いている「シロッコファン」には油汚れが付いているので、定期的にお掃除が必要です。

僕もこの前、シロッコファンのお掃除をしたのですが、なかなか大変でした。

なので、より手間の省けるお掃除方法だったたり、注意すべきことがあるなと感じたので、それらについてご紹介したいと思います。

なお、何年もお掃除不要のレンジフードもあるようですが、やはり金額が高いです。

我が家は、掃除不要のレンジフードは断念しましたが、掃除の苦労を考えると採用してもよかったかもしれません。

 

目次

材質について

家庭用のキッチンに付いているシロッコファンは、アルミか亜鉛メッキコーティングされた鋼板などが多いです。

業務用だと、ステンレス製のものもあるようです。

ちなみに、我が家はアルミ製でした。

アルミも亜鉛メッキコーティングされた鋼板も、(弱アルカリ性を含む)アルカリ性洗剤、(弱酸性を含む)酸性洗剤を使用してはいけません。

なぜなら、アルカリや酸によって、アルミや亜鉛が溶けてしまうからです。

シロッコファンをお掃除したとき、表面が白くなるなど、見た目が変わってしまったという人もいるのではないでしょうか。

なので、シロッコファンに使う洗剤は、事前によく確認しましょう。

使用できない洗剤

まずは、シロッコファンのお掃除に使えない洗剤を具体的に挙げていきます。

先ほども記載しましたが、アルカリ性、酸性の洗剤は使用できません。

・重曹:弱アルカリ性

・セスキ(炭酸ナトリウム):弱アルカリ性〜アルカリ性

・オキシクリーン(酸素系漂白剤):アルカリ性

・弱アルカリ性の食器用洗剤(ジョイなど)

・弱酸性の食器用洗剤(キュキュットクリア除菌など)


お家のお掃除でよく使われる重曹、セスキ、オキシクリーンなどは使用できません。

粉状の洗剤はお湯を使って溶かすことが多いです。

お湯は、粉状の洗剤(重曹やオキシクリーンなど)を簡単に溶かしてくれるし、汚れをよく落としてくれます。

ただ、お湯で溶かした温かい洗剤(重曹やオキシクリーンなど)は、シロッコファンの材質をより傷めやすくなります。

水で粉状の洗剤を溶かして使うこともできますが、溶けにくくて使いづらくなりますし、材質の傷みもゼロではありません。

弱アルカリ性、弱酸性の食器用洗剤も同様で、材質の傷みはゼロではありません(結構見落としやすいと思うので、注意しましょう)。

繰り返し使うことで、徐々に傷んできます。

なので、基本的には、中性洗剤でのお掃除をおすすめします。

中性洗剤でのオススメの洗い方

では、中性洗剤を使った効率的な洗い方をご紹介いたします。

①準備するもの

中性洗剤、スポンジ、使い古しの歯ブラシ、大きめのビニール袋かバケツ

ブラシはいろいろありますが、ブラシ部分が硬いとシロッコファンを傷付ける可能性があります。

なので、歯ブラシ程度がちょうどいいですし、羽同士の間隔が狭いので、小回りのきく歯ブラシが使いやすいです。


②お湯で汚れを柔らかくする

ビニール袋やバケツにお湯を入れて、中性洗剤を少量加えます。

お湯の温度が高いほど、汚れを柔らかくします。40〜60℃程度でも十分です。

そして、シロッコファンを30分ほど漬けます。汚れが少なかったら、より短い時間でも大丈夫です。

30分経ったら、シロッコファンを出します。


③スポンジで洗剤を泡立たせる

ビニール袋やバケツに入れた中性洗剤の量は少ないため、スポンジに中性洗剤を垂らして、泡立たせます。

この泡を、シロッコファン全体に塗り広げます。

大まかに全体に行き渡れば大丈夫です。


④歯ブラシでこすり洗い

先ほど塗り広げた泡と歯ブラシを使って、ひたすらこすり洗いをします。


⑤お湯ですすぐ

汚れを落とせたら、お湯でしっかりすすぎましょう。


(補足)

より手間を省くために1つ補足がありますが、ここまでやらなくても実際には汚れを落とせます。なので、参考までに。

スポンジに中性洗剤を垂らして、シロッコファン全体に塗り広げるところがあります。

シロッコファンの羽の付け根部分は、泡(洗剤)を塗り広げにくいです。

そういう部分には、花王の「キュキュット クリア泡スプレー」を使うと洗剤を簡単に付けられます。


アルミ対応のアルカリ洗剤について

シロッコファンを何年も掃除していなくて、中性洗剤では汚れを落としきれないといった場合があります。

そのような場合は、アルカリ洗剤が必要です。

先ほど、アルカリ洗剤を使うとシロッコファンを溶かしてしまうとご説明いたしました。

ですが、アルカリ洗剤の中でも、アルミを溶かさないアルミ対応のアルカリ洗剤があります(しかも、シロッコファン用洗剤)。

(亜鉛メッキコーティングされた鋼板に対しては、アルミ対応アルカリ洗剤も使えません)。

アルミ対応に効いているのは、おそらくアルカンスルフォン酸ナトリウムという成分です(超マニアックなことですが)。


まとめ

以上、レンジフードのシロッコファンの洗い方と注意点でした。

基本的には中性洗剤を使って洗いましょう。

汚れがあまりにも強固になっていたら、アルミ対応のアルカリ洗剤を使いましょう。

シロッコファンのお掃除そのものが結構面倒ですが、定期的にお掃除をして、汚れが強固になる前に落としきるのが、1番の対策かもしれません。

あとは、お金は多少かかりますが、お掃除不要のレンジフードもありです。

この記事が、シロッコファンのお掃除やレンジフードの採用の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


お家のメンテナンスだったり、清掃だったりでお悩みの方は、こちらを利用してみはいかがでしょうか。

例えば、排水管洗浄だったり、網戸の張替えだったり、エアコンのフィルター掃除などなど。


↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる