後悔しない家づくり!注文住宅の悩みを無料相談→CLICK!!

【実録】外構費用200万円でどこまで出来るのか~後悔しない外構の決め方も紹介~

当記事はこんな人におすすめ
  • 外構費用200万円で、どこまでの外構工事が出来るか参考にしたい
  • 外構工事をどこに依頼しようか悩んでいる
  • 外構工事の費用が予算超過している

我が家はセキスイハイムで家を建てて、外構工事もセキスイハイムに依頼しました。

費用は200万円かかりました。

そこで、大手ハウスメーカー(セキスイハイム)による200万円の外構をご紹介いたします。

メーカーによって金額は変わりますが、1つの参考にしていただければと思います。

また、記事の後半では、我が家が大手ハウスメーカーに外構工事を依頼した理由や、一度家づくりを経験した僕が再度外構工事をするならどうするか、などについてもご紹介いたします。

目次

外構工事の費用の相場について

まず大前提として、、外構工事の費用の相場は、一般的に総費用の1割程度になります。

例えば、家づくりの総費用が3000万円なら、外構工事の費用は300万円程度になります。

ちなみに、我が家は、家の方にお金をかけたため、外構工事に総費用の1割を充てることができませんでした。

結果、我が家は、外構に充てられる予算が200万円でした。

大抵の場合、外構の打合せは家づくりの後半に行われるため、予算のしわ寄せを受けやすいです。

希望通りの外構にしようとしたら、多くの人が予算超過して、その費用の高さに驚くのではないでしょうか。

200万円で大手ハウスメーカーが出来る外構について

模式図になりますが、外構の全体像です。

①家の正面:玄関までのコンクリート床と階段(半分程度)、残りは工事なし

②家の側面1:砕石と低い塀

③家の側面2:駐車場で車の通るところのみコンクリート床、車の通らないところは砕石、カーポート

④家の裏:勝手口までのコンクリート床と階段(1/5程度)、残りは工事なし

我が家は予算の都合上、全ての箇所を工事することはできず、一部未工事のところがあります。

同じく予算の関係で、次の点を意識して外構を考えました。

・カーポート必須
・車が通るところのみ土間コンクリート
・砕石を多くする

我が家の外構① 家の正面

正面のエントランスはコンクリートで作りましたが、エントランス横の部分は土がむき出しの状態です。

我が家の外構 ② 家の側面1

砕石と低い塀です。隣が畑なので、土が流れ込まないように塀を作りました。

我が家の外構 ③ 家の側面2

駐車場は車が2台分の広さです。中心部と後ろは車のタイヤが通らないので、砕石にしてコストを抑えました。

写真にはありませんが、ここにはカーポートがあります。

我が家の外構 ④ 家の裏

勝手口の階段のみで、その両脇は土がむき出しです。

ただ、裏のみ、自分たちで外構をしました。

DIYについては、以下の記事に詳しくまとめました。

大手ハウスメーカーに外構工事を依頼した理由

我が家が大手ハウスメーカーに外構工事を依頼した理由は「楽だったから」です。

正直、安易に考えすぎたと後悔しています。

家の形状や内装の打合せを繰り返し行い、疲れていたのだと思います。

外構を別の業者に依頼して、ハウスメーカーとは別に打合せをすることに面倒さを感じてしまい、そのままハウスメーカーに外構を依頼しました。

同じような考えで、ハウスメーカーに外構を依頼する人も多いのではないでしょうか。

再度外構工事を依頼するなら○○をする

仮に、セキスイハイムで家を建てて、再度外構工事を行うとしたら、、、

セキスイハイム(ハウスメーカー)含めて、複数の業者で比較した上で、外構工事の依頼先を決めます。

たしかに複数の業者とやり取りをするのは面倒ですが、このやり取りで数十万円~数百万円変わることを考えたら、取り組むべきだと今となっては思います。

また、我が家の外構費用は結果的に200万円でしたが、この200万円が「高いのか安いのかもわからない」ことも問題だと感じています。

価格の高い安い知るためには比較対象が必要であり、そのためには。どうしても複数業者から見積もりを取る必要があります。

僕だったら、ハウスメーカー以外の業者に依頼するなら、こちらのサービスを利用して複数の業者に一括で依頼します。

少しでも手間を省くためです。

複数の業者に依頼することで、値引きを受けられる可能性もあります。

比較検討して、価格とクオリティーに納得できる業者がハウスメーカーであれば、ハウスメーカーに依頼します。

僕と同じように、初めからハウスメーカー一択で外構工事を進めようと考えていましたら、一度立ち止まって、複数の業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

ハウスメーカーの分譲土地を購入した場合は、ハウスメーカーに依頼しなければならない、などの制約がありますので、必ずしも外注できるわけではありません。

最後に

以上、大手ハウスメーカー(セキスイハイム)による200万円の外構のご紹介でした。

業者の違いによって金額は変わるので、あくまで参考程度にお考え下さい。

記事の後半でも記載しましたとおり、再度外構工事を依頼するなら「セキスイハイム(ハウスメーカー)含めて、複数の業者で比較した上で、外構工事の依頼先を決めます」。

業者によって金額が変わることからも、複数の業者で比較検討することはとても重要です。

これから外構工事を検討する方の参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる