リクルート運営「住宅ローンの無料相談サービス」はこちらから

安心できる暮らしを!マイホームの防犯対策9選

当記事はこんな人におすすめ
  • マイホームの防犯をしっかりしたい
  • マイホームの防犯で意識するべきところを知りたい

一戸建て(マイホーム)は、マンションに比べて空き巣に入られやすく、また、マンションとは違い自分達で対策しなければなりません。

ちなみに、警察庁が発表した「侵入窃盗の発生場所別認知件数(令和2年)」によると次のとおり。

一戸建て住宅:37.0%
共同住宅(3階建以外):9.3%
同住宅(4階建以上):4.3%

安心した生活を送るためにも、防犯対策は必要といえます。

そこで、この記事では、マイホームの防犯対策を9選ご紹介いたします。

これから家を建てる方は防犯についても意識し、既に家を建てている方も、ご自宅の防犯について今一度見直してみましょう。

目次

空き巣に狙われやすい家について

実は、空き巣に狙われやすい家には次のような特徴があります。

空き巣に狙われやすい家の特徴

・家の周辺に街灯が少ない

・家の周辺の人通りが少ない

・見通しが悪くなる塀や植栽がある

・家の周辺に公園やコインパーキングがある

・夜中でも外に洗濯物を干している

当然ですが、家の周辺に街灯が少なかったり、人通りが少ないと要注意です。

また、見通しが悪くなる塀や植栽があると、これらが目隠しになり、空き巣にとっては好都合になります。

植栽は外構をおしゃれにできますが、防犯の観点ではデメリットになりえます。。

家の周囲にも気を配ることも大切で、公園やコインパーキングなどがあると、空き巣の下見に利用されるかもしれません。

これらの場所は長時間居ても、特に違和感はありません。

夜中に外で洗濯物を干していると、その時間帯には家にいないことを暗示していることになりますので、気をつけましょう。

思い当たるポイントがあれば、改めて防犯対策を見直してみることをおすすめします。

マイホームの防犯対策まとめ

警視庁が空き巣狙いの被疑者に聞き取り調査をしたところ、「侵入に5分以上かかると約7割が侵入をあきらめる」との結果が得られたそうです(参考記事)。

マイホームの防犯対策は以下のとおりで、これらの方法を組み合わせて、侵入されにくく、侵入されても5分以上かかるような状態を目指しましょう。

マイホームの防犯対策

・窓の防犯

・玄関、勝手口の鍵

・屋外の照明

・凹凸の少ない形の家

・防犯用砕石

・見通しの良い外構

・近所との良好な関係

・防犯カメラの設置

・ホームセキュリティ

1つずつ見ていきましょう。

マイホームの防犯対策① 窓の防犯

マイホーム(一戸建て)の空き巣被害は、窓からの侵入が最も多く、窓の対策は必須です。

具体的な対策方法は、以下のとおり。

・シャッターの設置(リビング等にある大きな窓)
・鉄格子の設置
・防犯ガラスの採用
・サイズの小さい窓の採用

窓ガラスを割るのが困難とわかれば、空き巣も侵入を諦めようと考えます。

なお、ハウスメーカーによっては、防犯ガラス等が標準装備されています。

シャッター、鉄格子、防犯ガラス、窓のサイズについての詳細は、次の記事でご紹介しています。
ちなみに、我が家はセキスイハイムで家を建てました。

もし、窓の防犯が不十分であれば、見直してみましょう。

見直しを検討される方は、まずは複数のリフォーム会社に見積もり相談をしてみましょう。

余談ですが、僕も以下のサイトを利用して、実家のキッチンをリフォームしました。
相見積もりを取っていろいろ交渉した結果、30万円の値引きに成功しました。

キッチン
  • 累計利用者25万人(2022年3月時点)
  • リフォーム会社へ一括見積依頼
  • 最大5社からの見積りを取得可能
  • 相見積もりで値引き交渉可能

リフォームだとお金がかかりすぎるけど窓の防犯を強化したいという方は、窓に防犯フィルムを貼ったり、警報を設置してもいいでしょう。

家の全ての窓に設置することは難しいと思いますので、侵入のおそれのあるところだけ限定して設置するのがいいでしょう。

マイホームの防犯対策② 玄関、勝手口の鍵

窓からの侵入の次に多いのが、玄関の戸締まりの忘れが原因による被害です。

最近の玄関は、1つの扉に2つの鍵がある「ワンドア・ツーロック」が主流です。

上の写真は我が家の玄関扉です。

鍵を2つにすることで、鍵をこじ開ける時間が2倍になり、空き巣対策になります。

ただ、鍵を2つにしても戸締りを忘れてしまっては元も子もありません。

そこで、戸締りの忘れを防ぐためには、オートロックキーが有効です。

こちらは後付けできるオートロックキーで、価格もそこまで高くなく、おすすめです。

  • LIXIL製のオートロックキー
  • 簡単に後付けできる
  • 閉め忘れに防止に最適

マイホームの防犯対策③ 屋外の照明

家の周囲に街灯が少ない場合、家の玄関等に照明をつけると防犯になります。

我が家も、玄関先に人感センサーライトを採用しています。

なお、玄関先にセンサーライト等を設置する場合、家の外壁に穴を開ける可能性があります。

ハウスメーカー以外の業者、または自分で取り付けた場合、家の外壁の保証がなくなる可能性がありますので、センサーライトの設置についてはハウスメーカーに一度相談してみましょう。

人感センサーライトについては、こちらの記事をご参考ください。

マイホームの防犯対策④ 凹凸の少ない形の家

凹凸の少ない形の家は、2階に登る足場が少ないため、2階への侵入リスクを減らせます。

室外機等も足場に利用される可能性があるので、置き場には注意したいところです。

特に、外付けのサンルームは足場として使われる可能性もありますので、ご注意ください。

仮に、足場として利用されてしまうものがある場合は、2階も1階と同様の防犯対策をしましょう。

マイホームの防犯対策⑤ 防犯用砕石

歩くと音が出る砕石を敷くことで、家への侵入を確認できます。

ただ、外構のデザインによっては敷けない場合や、隣人が迷惑に感じる場合もありますので、採用する際は慎重に検討しましょう。

防犯用砕石の口コミを調べると、隣人の足音がとても気になるといった内容が多くみられました。

マイホームの防犯対策⑥ 見通しの良い外構

見通しの良い外構(オープン外構)にすることで、人目につきやすくなり、これがかえって防犯になります。

ただ、見通しの良い外構は、外の人からの視線も入りやすくなり、日常生活でストレスを感じる方もいます。

外構は、デザイン性、外からの視線の遮断、防犯など、さまざまな点を意識しながらデザインすることをおすすめします。

ちなみに、我が家はオープン外構ですが、ミラーカーテンを採用して、外の人からの視線を遮っています。

余談ですが、オープン外構にすると外構工事の費用を削減できますし、外構自体を専門業者へ外注することで、大幅な費用削減が見込めます。

我が家も以下のサイトを利用し、40万円近くのコストカットをできました。おすすめですよ。

  • 優良企業300社以上と提携
  • 無料で外構の見積依頼をできる
  • 複数の企業に一括で依頼できる
  • 3分で入力、依頼できる

マイホームの防犯対策⑦ 近所との良好な関係

昔ながらの方法ですが、ご近所と仲良くすることで、怪しい人がいれば伝えてくれたりもします。

見知らぬ土地に住む場合はなかなか難しいかもしれませんが、手軽にできることでもあるので、チャレンジしてみましょう。

マイホームの防犯対策⑧ 防犯カメラの設置

防犯カメラがあれば映像を記録に残せますので、犯人探しや怪しい人の情報提供をできます。

入られないことが一番ですが、万が一に備えることも大切です。

気になる方は、まずは見積もりを取ってみましょう(見積もりは無料です)。

各社で防犯カメラの形状や性能、それに伴う価格など違いますので、比較して検討することをおすすめします。

  • 防犯カメラ設置会社48社と提携
  • 各社で価格の比較ができる
  • 各社のアフターフォローも比較できる

マイホームの防犯対策⑨ ホームセキュリティ

ホームセキュリティを利用すれば、窓やドアからの侵入時には感知され、ガードマンがすぐに現地まで駆けつけます。

塀や植栽などで隠されてる窓からの侵入に対しても有効です。

ここで紹介するホームセキュリティは、業界1位のシェアをほこる「セコム」です。

セコムは補償制度が標準でついているため、盗難や火災にあっても保険が下ります。

ご家族のライフスタイルに合ったさまざまなプランがあるので、気になった方は資料請求をしてみてはいかがでしょう。

ホームセキュリティにご興味がありましたら、「アルソック」も併せて資料請求してみてはいかがでしょう。

最後に

以上、マイホームの防犯対策でした。

お住まい地域によって、防犯の必要度が変わってきますし、ハウスメーカーの仕様によっては、特に追加せずとも標準装備されているものもあるかもしれません。

ただ、窓や戸締りについては、今一度確認してみることをおすすめします。

また、ホームセキュリティについて少しでもご興味があれば資料請求してみましょう!

この記事が、マイホームの防犯対策の参考になれば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる