後悔しない家づくり!注文住宅の悩みを無料相談→CLICK!!

Googleアドセンスの審査に合格するための7つのポイント

当記事はこんな人におすすめ
  • ブログで収益を得たい(お金を稼ぎたい)
  • Googleアドセンスの審査に合格したい
  • 審査に落ちてしまったが、どこを改善したらいいか知りたい

ブログで収益化するためには、Googleアドセンスの合格は必須です。

この記事では、Googleアドセンスの審査に合格するためのポイントを7つご紹介いたします。

なお、Googleアドセンスの審査の合格基準は明確にされていないため、あくまで僕自身が気を付けた点をご紹介いたします。

ちなみに、僕は1記事2000字以上、30記事で審査に合格しました。

記事の後半には、Googleアドセンスの審査に申請する方法を写真付きで載せていますので、ご参考ください。

ご興味があれば、ブログの運営についての関連記事も合わせてご覧ください。

目次

Googleアドセンスで収益を得る仕組みについて

ブログでお金を稼ぐ方法は2つあります。

1つはASPを利用したアフィリエイト収入で、もう1つが(Google)アドセンスからの広告収入になります。

それぞれの収益化の流れは次のとおりで、Googleアドセンスからの方が収益化しやすいです。

<アフィリエイトによる収入>
(読者)→記事を読む→リンクをクリック→購入を決定→収益化

<Googleアドセンスによる広告収入>
(読者)→記事を読む→収益化(インプレッション報酬)
(読者)→記事を読む→広告をクリック→収益化(クリック報酬)

インプレッション報酬:広告が見られるだけで報酬になり、1PV=0.3円程度
クリック報酬    :広告をクリックされると報酬になり、1クリック=数十円

アドセンスはクリックのみで収益になるので、成果が出やすいです。

僕も、Googleアドセンスのみで4桁の収入があります。

ブログで収益化したいなら、アフィリエイトとGoogleアドセンスの両方が必須ですので、Googleアドセンスの審査には必ず合格しましょう!

なお、アフィリエイトについては、まずASPへの登録が必須ですので、下記の記事を参考ください。

Googleアドセンスの審査に合格するための7つのポイント

僕が注意した点は次の7つです。

7つのポイント

①独自ドメインのサイトを作る

②Googleの規約やポリシーに違反をしないこと

③読者にとって有益な記事にする

④適切な文字数と記事数について

⑤画像や写真を入れる

⑥わかりやすいサイト構造にする

⑦お問い合わせ、プライバシーポリシー、免責事項のページを作る

独自ドメインのサイトを作る

Googleアドセンスに申請する大前提として、独自ドメインのサイトが必要です。

はてなブログやアメーバブログのような無料ブログでは、Googleアドセンスに申請すらできません。

独自ドメインのブログサイトを作る場合、サイト設計の自由度が高い「WordPress(ワードプレス)」がおすすめです。

当ブログもWordPressを採用していますし、全世界におけるWebサイトの市場シェアにおいて、WordPressは約40%のシェアを占めます。

なお、WordPressのブログサービスを利用するためには、次の3つが必要です。

・サーバー契約
・独自ドメインの取得
・WordPressのインストール

これら3つをまとめてできる「エックスサーバー」というサービスがおすすめです。

僕も「エックスサーバー」を利用しています。
「エックスサーバー」はレンタルサーバーの国内シェアがNo. 1です。

>>>エックスサーバーのHPを見る

Googleアドセンスの利用規約やポリシーに違反をしないこと

WordPressでサイトを作っても、Googleアドセンスの規約やポリシーに違反してはいけません。

>>>Googleアドセンスの利用規約

>>>Googleアドセンスのポリシー

どちらも難しい内容ですが、必ず一読しましょう!

特に、次のようなテーマを取り扱うのは避けましょう。

アダルト、暴力性、違法、誹謗中傷、アルコール、タバコ、ドラッグ、コピペの盗作など

詳しくはこちらからご確認ください。

独自ドメインのブログの利用と、Googleアドセンスの利用規約とポリシーに違反しないことは、アドセンスに申請するための大前提です。

読者にとって有益な記事にする

Googleアドセンスの審査では、読者の悩みや疑問に答えるような「有益な記事」が評価されます。

例えば、「京都旅行に行って楽しかった」といった「個人の日記」の記事を書いても評価されません。

一方で、「京都の歴史を感じられるおすすめ観光名所〇選」といったレビュー記事であれば、これから京都旅行を考えている人にとって有益な記事になります。

また、執筆者自身が経験、体感したことを記事にしたオリジナリティある内容の方が評価されます。

特定のテーマに特化した「特化ブログ」の方が審査を合格しやすいとの情報を見かけますが、いろいろな記事を書いた「雑記ブログ」でも十分審査を合格できます。

適切な文字数と記事数について

結論からいうと、適切な文字数と記事数はありません。

たまに、少ない記事でGoogleアドセンスに合格する人もいますが、その人たちは1記事あたりの文字数が多かったりします。

個人的には、文字数は2000字以上、記事数は10記事以上で1度申請し、5記事追加ごとに再度申請するのが良いと思います。

「読者にとって有益な記事」を書こうとすると、2000字は自然と超えますし、文字数が少ないと読者に必要な情報を届けることはできません。

ちなみに、当記事の文字数は5000字以上です。
特に文字数を意識することなく、この文字数になりました。

Googleアドセンスの審査は何度でも申請できますので、1度落ちたからといって諦めたりせず、記事を追記、追加して、再度申請しましょう。

ただ、申請する間隔は1~2週間程度空けた方が望ましいです。

冒頭にも記載しましたが、僕は1記事2000字以上、30記事で合格しました。参考までに。

画像や写真を入れる

画像や写真は、文章以上に読者に情報を与えるため、記事がよりわかりやすくなります。

ただし、画像や写真を使う場合は、著作権に気を付けなければなりません。

テレビ番組等(芸能人を含む)に関わるものや、他の人がご自身で撮影したり作ったものなどは、著作権を侵害しますので、使用してはいけません(使う場合は、許可を得たり引用元を記載するように)。

そのため、著作権フリーの画像や写真や、ご自身で撮影したものを使いましょう。

わかりやすいサイト構造にする

読者に有益な記事を書くことと同時に、読者が使いやすい、見やすいサイトにする必要があります。

具体的には、次のことです。

・メニューバーに記事のカテゴリーを表示
・内部リンク(記事同士をリンク)
・サイトマップの作成

当ブログのサイトマップをご参考ください

お問い合わせ、プライバシーポリシー、免責事項のページを作る

お問い合わせページは作った方がいいですが、プライバシーポリシーと免責事項のページは必須です。

プライバシーポリシーは個人情報の取扱いに関する内容です。

免責事項は、アフィリエイトやアドセンス広告で商品を紹介することに関する内容です。

プライバシーポリシーについて、より詳しく知りたい方は、こちらのリンクからご確認ください。

>>>Adsenseヘルプ プライバシーとセキュリティ 必須コンテンツ

当ブログにも各ページを設けていますので、参考にしていただければと思います。

お問い合わせのページ

プライバシーポリシーのページ

免責事項、著作権のページ

Googleアドセンスの審査に申請する方法を解説

独自ドメインのブログサイトは作成済みとして、Googleアドセンスの審査に申請する方法を解説いたします。

全体の流れは次のとおりです。

Googleアドセンスの審査に申請する方法

①Googleアカウントを作成し、ログイン

②Googleアドセンス公式HPにてアカウントを作成

③申請者の情報の入力

④アドセンスコードをWordPressに貼り付ける

⑤Googleアドセンスの管理画面にて完了

Googleアカウントを作成し、ログイン

Googleアカウントをお持ちでない方は、アカウント作成からです。

引用元:GoogleのHP

>>>Googleアカウントの作成はこちらから

既に作成済みの方は、ログイン状態にしておきましょう。

Googleアドセンス公式HPにてアカウントを作成

Googleアカウントを作成したら、Googleアドセンス公式HPでアカウントを作成します。

>>>Googleアドセンス公式HPはこちらから

引用元:Googleアドセンス公式HP

真ん中の「ご利用開始」をクリックします。

引用元:Googleアドセンス公式HP

広告を貼り付けるサイトのURL、先ほど作成したGoogleアカウントのメールアドレスを入力し、情報を受け取るにチェックし、次のページに進みます。

引用元:Googleアドセンス公式HP

国名(日本)を選択し、利用規約に同意のチェックして、アカウントを作成します。

申請者の情報の入力

引用元:Googleアドセンス公式HP

名前、住所、電話番号(任意)を記入します。

電話番号の認証が必要な場合は、認証を行いましょう。

アドセンスコードをWordPressに貼り付ける

申請者の情報を入力したら、次の画面が出てきます。

引用元:Googleアドセンス公式HP

上記のアドセンスコードをコピーして、WordPressに貼り付けます。

WordPressの管理画面の左側メニューバーから次のように勧めます

「外観」→「テーマエディター」→右側の「テーマファイル テーマヘッダー」の順にクリックします。

先ほどコピーした「アドセンスコード」を以下の場所にペーストします。

<head>~</head>内にある<?php wp_head(); ?>の次の行にアドセンスコードを挿入する

アドセンスコードを挿入したら、「ファイルの更新」をして、WordPressでの設定は完了です。

Googleアドセンスの管理画面にて完了

引用元:Googleアドセンス公式HP

アドセンスの管理画面に戻り、「サイトページにコードを貼り付けました」にチェックし、「コードが見つかりました」と表示されれば完了です。

後日、結果の通知がGoogleから届きます。

申請から結果の通知までの期間はまちまちで、数日から数か月と幅広いです。

人によってばらばらなので、とにかく待ちましょう。

Xsever(エックスサーバー)でサーバー契約、独自ドメイン取得

「エックスサーバー」というサービスを使えば、サーバー契約、独自ドメイン取得、WordPressのインストールまでを一括でできます。

僕も「エックスサーバー」を利用しています。

「エックスサーバー」の特徴は次のとおりです。

エックスサーバーの特徴

・国内No. 1のシェアで、17年の運用実績

・サーバー稼働率99.99%以上で、常に安定した環境

・自動バックアップ機能あり

・ストレスフリーの高速環境

・エックスサーバー登録からWordPressインストールまでのマニュアルあり

・24時間、メールでの問い合わせ対応あり

引用元:エックスサーバーのHP

WordPressのインストールまでのマニュアルがあるので、迷うことなくWordPressを始められます。

>>>エックスサーバーのHPを見る

最後に

改めて、Googleアドセンスの審査に合格するための7つポイントです。

7つのポイント

①独自ドメインのサイトを作る

②Googleの規約やポリシーに違反をしないこと

③読者にとって有益な記事にする

④適切な文字数と記事数について

⑤画像や写真を入れる

⑥わかりやすいサイト構造にする

⑦お問い合わせ、プライバシーポリシー、免責事項のページを作る

今一度ご自身のサイトを見直し、修正してみましょう。

アドセンスの審査に合格して、収益化を目指しましょう!

この記事が参考になれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる