【比較】ブログ初心者におすすめのレンタルサーバーはこの2つ!

当記事はこんな人におすすめ
  • レンタルサーバーって何?
  • レンタルサーバーを比較するときに何を重視するべきなのか
  • おすすめのレンタルサーバーを知りたい

無料のブログサービスはレンタルサーバーを必要としませんが、WordPress(ワードプレス)のような有料のブログサービスを使う場合、レンタルサーバーを必要とします。

この記事では、ブログ初心者向けに「おすすめのレンタルサーバー」をご紹介いたします。

世の中にはいくつものレンタルサーバーがありますが、その中から厳選したおすすめの2つをご紹介いたします。

「ブログ、ましてや有料ブログを始めるのはハードルが高い」と感じる方はいるかもしれませんが、初めは誰しもがそう思います。

僕も始めるまでは、ブログは難しいものと考えていました。
ですが、(調べながら)やってみたら、意外となんとかなりました。

この記事で紹介するレンタルサーバーには、ブログ開設までのマニュアル(Webページ)もあるので是非参考にしてみてください。

目次

レンタルサーバーとは?

サーバーとは、「Webサイトの閲覧要求に対して、Webサイトの情報を提供するコンピューター」です。

ちょっとわかりにくいので、簡単にまとめると下の図のようになります。

とても簡単にいうと、Webサイトの作成者と閲覧者の間を仲介しているのが「サーバー」になります。

サーバーは自分で管理、運用することもできますが、時間、場所、手間がかかるため、一般的には専門の業者がサーバーの管理、運用をしています。

サイト作成者は、自分のサイトを世の中に発信するときには、専門業者のサーバーを借りる(レンタル)ことになります。

これが「レンタルサーバー」です。

そのため、レンタルサーバーを使用する場合、毎月一定の金額がかかります。

有料ブログサービスと言われる所以ですね。

ただし、レンタルサーバーだけではブログを始めることはできず、ブログサービス(WordPress)の設置と独自ドメインの取得も必要となります。

ちなみに、当ブログのレンタルサーバー、ブログサービス、独自ドメインは次のようになります。

・レンタルサーバー:エックスサーバー(詳しくは後述します)

・ブログサービス:WordPress

・独自ドメイン:https://rikei-businessman.com/

レンタルサーバー、ブログサービス、独自ドメインを家に例えて表現されることが多く、次のように言われます。

・レンタルサーバー:土地

・ブログサービス:家

・独自ドメイン:住所

3つが揃って家としての機能するように、ブログも上記の3つが揃って「ブログ」として機能し始めます。

これから紹介するレンタルサーバーでは、レンタルサーバーの契約と同時にWordPressの設置と独自ドメインの取得もできますので、サーバー契約と同時に残りの2つもやってしまいましょう。

レンタルサーバー選びで重視するべきポイント

レンタルサーバーの住するべきポイントは次のとおりです。

・表示速度
・実績
・トラブル時の対処方法
・価格

サイトの表示速度が早いほど、サイト閲覧者の離脱を抑えられ、Googleからの評価も良くなり、サイトが上位に表示されやすくなります。

サイトの表示速度は、「PageSpeed insights」で確認できます。

レンタルサーバーの実績が良いほど(利用者が多い、シェアが高いなど)、利用者にとって使いやすいサーバーといえます。

また、利用者が多いと、利用者自らがトラブル時の対応方法を発信していることもあります。これらを参考にすることで、ご自身がトラブルに会っても迅速に解決できます。

一方、レンタルサーバーには、お金がかかります。

当然、安い方がいいですが、数百円しか変わらなければ、使い勝手の良さそうな方を使いましょう。

数百円であれば、Googleアドセンスの収益分で補えます。

Googleアドセンスの申請については、こちらの記事をご覧ください。

おすすめのレンタルサーバー2つを比較

僕がおすすめするレンタルサーバーは、エックスサーバーConoHa WINGです。

ちなみに、当サイトはエックスサーバーを利用しています。

エックスサーバーConoHa WINGの比較は次のとおりです。

サービス名エックスサーバーConoHa WING
プランX10ベーシック
初期費用3300円(税込)
月額費用880円(税込)(12か月契約)
792円(税込)(36か月契約)←7月1日までのキャンペーン
941円(税込)(12か月契約)
836円(税込)(36か月契約)
運用サイト数190万件以上30万件以上
(登録者数)
国内シェア1位
運営期間2003年~2013年~
運営会社エックスサーバー株式会社GMOインターネット株式会社
公式サイトへエックスサーバーConoHa WING

いずれも「サーバー速度No. 1」をうたっていますが、これはどちらも自社調べとなります。

ただし、口コミを見ると、「ConoHa WING」にしてから早くなったとのコメントを見かけます。

エックスサーバーの特徴

引用元:エックスサーバーのHP

・国内シェア1位
・ググれば、トラブルの対処方法が出てきやすい
・サーバー申請がやや複雑←マニュアルあり

エックスサーバーは、レンタルサーバーの運用年数が最も長く、国内シェア1位です。

利用者が多いことあり、トラブルがあってもググれば何かしらの対処方法が出てきます。

ただ、後述するConoHa WINGに比べると、サーバーの申請、独自ドメインの取得などの手順がやや複雑です。

引用元:エックスサーバーのHP

サーバーの申請から、独自ドメインを取得してWordPressを開設するまでの手順は、公式サイトにマニュアルがありますので、こちらを参考にすれば問題なく操作できるはずです。

僕も、エックスサーバーで問題なくブログを開設できました。

ConoHa WINGの特徴

引用元;ConoHa WINGのHP

・運用実績が短い
・表示速度が早い
・サーバー申請の手順が比較的簡単

ConoHa WINGは、エックスサーバーに比べると運用年数は短いです。

ただ、「表示速度が早い」という口コミが多数あり、最近ではエックスサーバーのユーザーがこちらに流れてきています。

僕も、エックスサーバーから乗り換えるならConoHa WINGを考えています。

引用元:ConoHa WINGの引用元

サーバーの申請から、独自ドメインを取得してWordPressを開設するまでの手順が比較的簡単で、初心者にとっては扱いやすいかもしれません。

最後に

以上、ブログ初心者におすすめのレンタルサーバー2つでした。

エックスサーバーとConoHa WINGは基本的に大きな差はありませんが、敢えて言うなら、それぞれ次の点を重視する人に向いています。

エックスサーバー:実績十分と安定して使えること

ConoHa WING:表時速度が早いこと

レンタルサーバーは、ブログを始めるために1番初めにすることです。

慣れない作業で戸惑うかもしれませんが、マニュアルに沿って操作すれば問題なくできるはずです。

仮に何かしらの不具合が起きたとしても、ググれば対処方法は出てくると思いますし、なんなら運営元に問い合わせてみましょう。

これからブログを始めるにあたり、この記事が参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる