【注文住宅】カタログの一括請求はこちらから

【レビューあり】ミラーレースカーテンはメリット4選、デメリット2選でかなりおすすめ!

当記事はこんな人におすすめ
  • ミラーレースカーテンって、どんなメリット、デメリットがあるの?
  • ミラーレースカーテンの使い勝手を知りたい

ミラーカーテンとは、外から透けにくいカーテンのこと。

つまり、中から外が見えても、外から中は見えにくいカーテンです。

我が家もミラーレースカーテンを採用しました。

この記事では、ミラーレースカーテンのメリットとデメリット、さらに実際にミラーカーテンを使ってみたレビューをいたします。

個人的には、ミラーレースカーテンはかなりおすすめです(詳しくは以降で解説)。

目次

ミラーレースカーテンのメリット4選

ミラーレースカーテンのメリットは次の4つ。

ミラーレースカーテンのメリット
  • 外からの視線のみシャットアウトできる(昼のみ)
  • 採光性あり(明かりを取り入れられる)
  • 塀の費用を削減できる
  • オープン外構で、家の防犯性を維持

ミラーレースカーテンのメリット①:外からの視線のみシャットアウトできる(昼のみ)

ミラーレースカーテンの一番の特徴は、家の中から外を見えて、外からの視線はシャットアウトできる点です。

道路と近いところに窓があると、通行人の視線を感じたり、下手すると通行人と視線が合ってしまうかもしれません。

外からの視線を感じていては、落ち着いた生活はおくれませんよね。

ミラーレースカーテンであれば、外からの視線を防げるので落ち着いた生活もおくれます。

ただ、外から見えてなくても中からは見えているので、人の動きが目に入り、慣れるまでが少し大変かもしれません。

ミラーレースカーテンのメリット②:採光性あり(明かりを取り入れられる)

レース部分がミラーになっているので、外からの光を取り入れられ、部屋を明るくできます。

ただ、レースの厚みや目隠し効果によって、外からの光を十分に取り入れられず、部屋が暗くなってしまうかもしれませんので、採用する際は注意しましょう。

ミラーレースカーテンのメリット③:塀の費用を削減できる

ミラーレースカーテンによって外からの視線を防げるので、目隠し用の塀を作らずにすみ、結果的に塀の費用を削減できます。

家の中から外を見えるミラーレースカーテンとは違い、塀は人の影すら見えなくする良さがありますが、どうしても(塀の)費用がかさんでしまいます。

この違いはしっかり押さえておきましょう。

外からの視線を防ぐことと費用を合わせて考えると、まずはミラーレースカーテンで試してみて、ミラーレースカーテンで良ければそのまま継続し、ミラーレースカーテンでは不十分だと感じれば塀を作るのがいいでしょう。

塀も安く抑えたいなら、外構の専門業者へ外注するのがいいでしょう。

外構を外注するなら、以下のサービスがおすすめです。

複数の業者へ一括で見積依頼を出せて、値引きの交渉も期待できますので。

  • 優良企業300社以上と提携
  • 無料で外構の見積依頼をできる
  • 複数の企業に一括で依頼できる
  • 3分で入力、依頼できる

ミラーレースカーテンのメリット④:オープン外構で、家の防犯性を維持

塀を作らないことでの付加効果で、家の防犯性が維持できます。

塀や植栽などは、外からの視線をシャットアウトできますが、その一方で家の中に入った侵入者にとっては目隠しになり、好都合なものとなってしまいます。

塀を作らないことで、侵入者は外からの視線が気になってしまい、侵入しようとは思わなくなるでしょう。

なお、防犯カメラやホームセキュリティーを利用することで、塀や植栽などがあっても防犯性を維持できます。

  • 防犯カメラ設置会社48社と提携
  • 各社で価格の比較ができる
  • 各社のアフターフォローも比較できる

ミラーレースカーテンを採用することで、外からの視線をシャットアウトでき、塀分の費用を削減でき、かつ家の防犯性を維持できます。

こうみると、ミラーレースカーテンにはメリットが多いです。

ミラーレースカーテンのデメリット2選

続いて、ミラーレースカーテンのデメリットは次の2つ。

ミラーレースカーテンのデメリット
  • 夜は外からの視線を完全にシャットアウトできない
  • 外の風景がやや見えにくくなる

ミラーレースカーテンのデメリット①:夜は外からの視線をシャットアウトできない

ミラーレースカーテンの特徴で、昼間は外からの視線をシャットアウトできても、夜はできません。

これは外と中の明るさの違いから、暗い外から明るい中が見えてしまうのです。

夜も昼間と同じように外からの視線を防ぎたいなら、「遮像レースカーテン」を採用しましょう。

ただ、「遮像レースカーテン」は、家の中から外を見づらくなるデメリットもあります。

ミラーレースカーテンのデメリット②:外の風景がやや見えにくくなる

ミラーレースカーテンは家の中から外を見えますが、一般的なレースカーテンと比べると、外の風景が見えづらくなります。

外の風景を楽しみたい人にとっては、ミラーレースカーテンは合わないかもしれません。

【レビュー】ミラーカーテンの使い勝手は?目隠しになる?

まずは我が家の仕様について。

我が家は、1階のリビングの窓と、2階の主寝室からベランダに出る窓の2か所にミラーレースカーテンを採用しました。

※1階のリビングは道路と近い

このリビングと近いところのみ塀を作らずオープンになっており、外からの視線を防ぎたかったのでミラーレースカーテンを採用しました。

ミラーレースカーテンを採用した当初は、外からの視線を防げているとはいえ、人が通ると気になっていました。

ただ、2年以上住んでいると徐々に慣れて、今ではほぼ気にならなくなりました。

家の中から外を見ても、見づらさを感じることはありませんが、外から見ても家の中は全く見えません(日中)。

日中は外からの光を十分取り入れられるので、リビングの十分明るいです。

なお、夜はシャッターを下ろしてしまうので、シャッターで目隠しをできています。

我が家はシャッターのおかげで、ミラーレースカーテンのデメリットを感じていません。

最後に

以上、ミラーレースカーテンのメリットとデメリット、さらに実際にミラーカーテンを使ってみたレビューでした。

ミラーレースカーテンはメリットがとても多いのでおすすめです。

レースの厚みや目隠し効果の程度もいろいろあるので、好みによっても選べます。

デザインにもこだわりたいなら、以下の通販サイトがおすすめですので、検討してみてはいかがでしょうか。

おしゃれなカーテン・ラグ通販 cucan



おしゃれな大人のオーダーカーテン通販専門店/生地サンプル5枚まで送料無料【インズ本店】

カーテンについて悩んでいる方の参考になれば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次