セキスイハイムの上棟(棟上げ)はたったの半日!雨を避ける品質重視の家づくり!

題名のとおり、セキスイハイムの上棟(棟上げ)は半日で行われます。

これは、業界の中でも最短の上棟日数です。他社の場合、数日かかるのが普通です。

この記事では、セキスイハイムの上棟について、僕の体験談も交えてまとめました。


家づくりを出来るだけ安くしたい人向けの記事もありますので、ご興味がありましたらご覧ください。

あわせて読みたい
外構工事の7つの費用削減方法!~ハウスメーカーに頼まないことがポイント~ 当記事はこんな人におすすめ家づくりの総額を抑えたい外構工事の費用が思ったよりも高くて、なんとかしたい外構工事を専門業者に外注しようか悩んでいる家づくりの費用...
目次

そもそも「上棟(じょうとう)」って何?

まずは、「上棟」について改めて理解を深めましょう。

既にご存知の方は、この項目は省いてください。


「上棟(棟上げ)」とは、柱や梁(はり)など、住宅の基本構造に加えて、屋根を支える棟木(むなぎ)を取り付けることをいいます。


昔の言葉なので木造住宅(建築)に対する表現ですが、鉄骨系住宅(建築)でも「上棟」という言葉が使われます。

ただ、言葉のとおり、屋根を支える部材の取り付けのみで、屋根が完成したことを指しているわけではありません。

ネットで「上棟」をキーワードに調べると、「屋根の骨組みはできているのに天井はスカスカ」という写真が結構出てきます。

また、外壁も骨組みだけでスカスカの写真が多く出てきました。

メーカーによっては、雨よけできる屋根、外壁まで作って「上棟」としているところもあると思います。

上棟日数は短い方が良い

上棟日数が短い方が良い理由は、「雨」を避けられるからです。

上棟日数が長いと、それだけ雨にさらされる可能性が高くなります。

近年は、急な豪雨が起きることは珍しくありません。

そして、ネットで調べると、雨の日に上棟した人も一定数いるようです(不満を持っている人が多いです)。


僕は専門家ではないので正確なことをいえませんが、家の外と内では使用する材料が違うはずです。

家の外の材料は雨風に耐えられる材料で、内の材料は雨風に耐えるような材料ではないと思います。

内の材料は、雨によって劣化する恐れがあります。

多くのメーカーは、上棟後、家や部材をブルーシートなどで覆って雨を防ぐはずです。

ただ、天気によっては完全に防ぐことは難しいかもしれません。

メーカー側は「大丈夫」と言うかもしれませんが、本当に大丈夫かどうかはわかりません。

雨にさらされた材料とさらされていない材料で、(10年後、20年後、30年後先の)耐久性に差はなかったという明確なデータがあれば問題ありませんが(メーカーは提示しないでしょう)。

気持ちの面になりますが、購入する僕たちとしては、やはり安心して家に住みたいので、出来るだけリスクを低くしたいものです。

上棟日数がメーカー選びの1位になることはないと思いますが、品質の良い家に住もうと考えたら、上棟日数も考慮した方がいいかもしれません。

なぜ半日でできるの?

多くのメーカーが、数日かけて上棟するのに対して、セキスイハイムは半日で上棟します。

さらに、この時点で、屋根と外壁は完成します。

セキスイハイムは、ユニット構造という箱を組み合わせて家を作ります(上の写真がユニットです)。

このユニット構造は工場で生産されて、現場に運びこまれます。

現場では、このユニットを繋ぎ合わせるだけの作業なので、半日で終わります。

なお、家の内装工事も、8割程度は工場で実施済みです。

セキスイハイムは、上棟日数が半日なので、雨を凌げる可能性が最も高く、屋根と外壁が完成しているので、上棟後も雨を完全に凌げます。

上棟の日にちはどうやって決まるの?

上棟の日にちは、予定日の2~3日前に決定します。

ただ、2~3日前に決定しても、当日に雨が降る可能性はあります。

当日の天気が怪しければ、セキスイハイム側が上棟しようとしても、延期を「強く」申し出た方がいいと思います。

ただ、次の上棟日がかなり先になる可能性もあり、最終的な引き渡し予定日が替わる可能性もありますので、ご注意ください。

(注意)上棟以前に建築できない可能性もある

そもそも、セキスイハイムで家を建てられない場合があります。

それは次の2つのうち、どちらか1つでも該当すると家を建てられません。

・ユニット構造を運ぶトラックが、現場まで来れない

・ユニット構造を組むための大型クレーン車を配置できない


特に、土地を既にお持ちの方は、これら2つに該当する可能性がありますので、セキスイハイムに事前に聞くことをおすすめします。

(例)我が家の上棟

我が家の上棟当日は、雲行きが怪しかったです。

ですが、その日は実施しました。幸い、時間が経つにつれて天気は良くなったので、助かりました。

あと、我が家の敷地は狭かったので、敷地内にクレーン車を配置できませんでした。

こちらも幸い、隣の敷地が空き地だったので、空き地にクレーン車を配置しました。

なお、空き地の管理会社と事前にやり取りをして、上棟日だけ空き地をお借りすることができました。

雨の日の上棟は縁起が良い?

「上棟日に雨が降ると、幸せを呼び込んで、火事にならない」といわれ、縁起が良いと考えられています。

ただ、僕は、縁起よりも品質の方が重要だと考えます。

科学的に設計された家なのに、急に「縁起」という考えで物事を判断するのはナンセンスです。

品質の良い家で安心して暮らすためには、出来るだけリスクを下げるのが妥当だと思います。

まとめ

以上、セキスイハイムの上棟に関して、私の体験談を交えてのご紹介でした。

セキスイハイムは、上棟を半日で行い、上棟後には屋根と外壁が完成し、雨を完全に凌げるのが特徴で、品質を重視しています。

ただ、建築条件があるため、事前に確認するようにしましょう。

品質を重視する人は、セキスイハイムが合っていると思います。

ただ、デザイン性を重視する人は、セキスイハイムは合っていないと思います。

人によって価値観は違いますので、何を重視するかも当然変わります。

ご自身の希望に合ったメーカーを選ぶことが重要であり、この記事がその一助になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


家づくりを出来るだけ安くしたい人向けの記事もありますので、ご興味がありましたらご覧ください。

 

あわせて読みたい
外構工事の7つの費用削減方法!~ハウスメーカーに頼まないことがポイント~ 当記事はこんな人におすすめ家づくりの総額を抑えたい外構工事の費用が思ったよりも高くて、なんとかしたい外構工事を専門業者に外注しようか悩んでいる家づくりの費用...

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる