リクルート運営「住宅ローンの無料相談サービス」はこちらから

【実例】セキスイハイムのキッチンは基本的に標準で問題なし!~収納や価格も紹介~

当記事はこんな人におすすめ
  • セキスイハイムの家において、標準のキッチンを使用している人の感想を聞きたい
  • キッチンの仕様の例を見たい、参考にしたい
  • 標準のキッチンって、どれくらいの価格なのか知りたい

我が家はセキスイハイムで家を建てました。

キッチンについては基本的に標準仕様で、1か所か所オプションを追加しました。

この記事では、「セキスイハイムの標準仕様のキッチン」と1か所追加オプションを採用した我が家のキッチンについてご紹介いたします。

セキスイハイムで家を建てる方で、キッチンについて悩まれている方はご参考いただければと思います。

この記事では我が家のキッチンについてのご紹介であり、セキスイハイムのキッチンについて詳しく知りたい方は資料請求することをおすすめします。

なお、我が家は「セキスイハイム近畿」と提携するキッチンメーカーから選んだため、他のセキスイハイム支社で家を建てる方は、別のキッチンメーカーと提携しているかもしれません。

また、一部覚えていない箇所もありますが、ご了承ください。

目次

我が家のキッチンの価格

我が家のキッチン

我が家のキッチンはリクシルのALL(アレスタ)で、細かい価格の内訳は以下のとおりです。

アレスタを選んだ理由は、おそらく低価格だからだったと思います(申し訳ないですが詳しくは覚えていません)。

設備価格備考
キッチン本体583,000円ALLキッチン
キッチン収納278,000円
加熱機器168,000円ラジエントヒーターからIHへ変更 ← 唯一の追加オプション
食洗機120,000円深型
セレクトパーツ11,000円水切りカゴ、サポートワイヤー
床下収納18,000円
キッチン工事費75,000円
合計1,253,000円

キッチンのみで「合計125.3万円」でした。

セキスイハイムから提案される標準のキッチンは基本的にリクシル製で、一部パナソニック製があります。

引用元:セキスイハイムのカタログ

拡大して見てみてください。

各キッチンでできることですが、以下のように対面型、アイランド型、壁付け型を選べます。

引用元:セキスイハイムのカタログ

我が家のキッチンのタイプは、「ベーシック対話プラン(吊戸棚なし)」の対面型のキッチンで、IHの向かいには壁があります。

引用元:セキスイハイムのカタログ

この仕様にしたのも理由があります。

キッチンでの作業中でも家族のことが見渡せるようにするために対面型のキッチンにして、料理中の油跳ね対策のために、IHの向かいに壁があるタイプにしました。

なお、アイランド型だとリビングダイニングが狭くなるので、アイランド型のキッチンも避けました。

IHの向かいに壁を付けたことも、油跳ね対策に役立っています。

壁ではなく、仕切りを建てた仕様もありますが、仕切り程度の高さだと油跳ねを必ず防げるとも限りません。

実際、我が家は壁の仕様にしてよかったと感じています。

食洗機は深型を選び、浅型に比べるとやや価格が高めかもしれません(詳しくは覚えていません)。

追加のオプションは、ラジエントヒーターからIHへの変更です。

標準だとIHが2か所で、もう1か所はラジエントヒーターになります。

嫁さんの実家のキッチンが、IH2か所、ラジエントヒーター1か所ですが、ラジエントヒーターを全く使っていないとの理由で、ラジエントヒーターからIHへと変更しました。

セレクトパーツについては、おそらく初めから付属していたものと思われます。

床下収納はキッチンにはなく、キッチンの後ろの通路にあります。

キッチンの収納について

キッチンの収納については、以下の写真のとおりです。

なお、キッチン収納が狭くなると理由で、キッチン内にゴミ箱を置いていません。

パントリーも採用しましたが、パントリーには日用品のみを置いて、食品関係はキッチンの収納で事足りています。

当初はパントリーに食品関係を置く予定でしたが、キッチン収納が思いのほか広かったので。

もちろん、キッチンにゴミ箱を置いていない影響も大きいです。

なお、キッチンの収納の高さは選ぶことができるので、我が家とは違う仕様にもできます。

我が家のゴミ置き場について

我が家のゴミ箱は、冷蔵庫の横に置いています。

ゴミ箱を置くことで通路がやや狭くなりますが、気にならない程度です。

ちなみに、このゴミ箱が満杯になったら、外に設置している大型のゴミ箱へ移しています。

生ごみや赤ちゃんのおしめは、臭いがきついので、部屋の中に長期間置くのは厳しいです。

食洗機について

我が家の食洗機は深型です。

セキスイハイムが提案できる食洗機は、浅型と深型の2つです。

食器が少しでも多くはいる「深型」の食洗機がおすすめです。

食洗機は毎日使いますので、少しでも食洗機に食器が入れられるように深型を選びましょう。

キッチンのワークトップ(天板)について

キッチンの天板は人工大理石を選びました。

ステンレス製だと水垢汚れが目立つため候補から外れ、ステンレス製以外で価格の低いものが人工大理石でした。

水垢汚れは全く目立ちませんし、その他の問題もなく使えています。

レンジはIH

我が家のIHは3か所あり、横一列ではなく、三角形になっており、これもキッチンをコンパクトにするためです。

横一列にすると、幅をとりますので。

なお、我が家は追加オプションでラジエントヒーターからIHへと変更したので、IHが3か所あります。

キッチンカウンターは不採用

我が家はキッチンカウンターを採用していません。

キッチンカウンターとは、キッチンの向かいで食事等ができるスペースのことです。

下の写真は、キッチンカウンターの例です。

キッチンカウンターを採用すると、その分、リビングダイニングが狭くなるためです。

繰り返しになりますが、我が家は、少しでもリビングダイニングを広くしたいという考えがあったため、キッチンをコンパクトにしようと考えました。

キッチンのダイニング側の収納について

我が家は、キッチンのダイニング側の収納を採用しませんでした。

下の写真は、キッチンのダイニング側の収納の例です。

これも、リビングダイニングが狭くなるという理由で採用しませんでした。

また、この場所に収納スペースを確保しなくても、他の場所に多くの収納スペースを確保したので問題ないだろうと判断しました。

最後に

以上、「セキスイハイムの標準仕様のキッチン」と一部追加オプションを採用した我が家のキッチンについてでした。

あくまで我が家のキッチンですが、各場所に対していろいろ考えた上で組み立てました。

我が家は、リビングダイニングを広くすることを優先したため、キッチンはコンパクトにしました。

セキスイハイムで家を建てる方、他のメーカーの家で建てる方も、キッチン作りの参考になればと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

↓ これらをクリックしていただけるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる